ロッテのドラ1安田、豪打を披露「(将来は)30本を打ちたい」

ロッテのドラ1安田、豪打を披露「(将来は)30本を打ちたい」

 ロッテのドラフト1位・安田尚憲内野手(18)=履正社=が新人合同自主トレ3日目の14日、初めて屋外でロングティー打撃を行った。通常のバッターボックスから7、8メートル程度後方からスイングしたため、サク越えこそなかったが、『松井秀喜2世』を目指す18歳は「(将来は)30本を打ちたい」と力を込めた。

 井口監督がジッと見守る中、安田の鋭いライナー性の打球が外野に飛んで行く。約15分間だったが、「スイングは考えたより悪くなかった。量もこれからどんどん増やしていきたい」と気持ち良さそうに汗をぬぐった。

 高校通算65本塁打。将来の本塁打王を目指すが、「ライナー性の打球が外野の頭を越えてそのまま入るのが理想です」と話す。「清宮はフライですが、自分は逆にライナーですから」とも。

 ロッテは92年に本拠地を川崎球場から千葉マリンスタジアム(現ZOZOマリンスタジアム)に移転した。以来、「30本塁打」を放った日本人打者は出ていない。

 安田はこの事実を知っており、「30本塁打を打つ。将来はそういう打者になりたいですね」と語った。ZOZOマリンは風の影響も受けるが、「球場に合わせた打ち方をしたい」と先を見据える。

 井口監督は、「社会人(出身に)に負けないくらいの打球を打っていた。持っているものが違うな」と評価した。もちろん、今後には「焦らずにじっくりとね」と付け加えるのを忘れなかった。

 井口監督の視察に安田は「これからもアピールしたい。実戦に入ってくるので仕上げていきます」とバットを握りしめていた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索