高梨沙羅、自己ワースト7戦連続V逸「食らいついて越せるように」【一問一答】

高梨沙羅、自己ワースト7戦連続V逸「食らいついて越せるように」【一問一答】

 「スキージャンプ・女子W杯」(14日、宮の森ジャンプ競技場)

 男女通じて史上最多となる通算54勝目が懸かった高梨沙羅(21)=クラレ=は1回目は90メートルで3位だったが、2回目は93メートルを飛び、231・4点で今季自己最高の2位に入った。ただ、これで今季は6戦未勝利、昨季最終戦から7戦連続のV逸は自己ワースト記録となった。マーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=が251・6点で前日に続く連勝で今季4勝目。今季2勝をあげているカタリナ・アルトハウス(21)=ドイツ=が230・2点で3位だった。

 高梨の一問一答は次のとおり。

 −今季初の2位

 「前日よりも修正できていたし、その辺が結果に繋がったかなと思う。カタリナ選手(アルトハウス)の2本目は『力を出し切れていない』ということだったので、運も良かった」

 −これで7戦連続V逸で自己最長となった

 「まだまだ自分が完全ではない中で伸びしろもあると思っている。そうやってポジティブに考えられているのは成長かなと思う。勝ちたい気持ちは持っているし、(ルンビらに)食らいついて越せるようにしたい」

 −今季のルンビの強さをどう見ている

 「安定しているし、昨季よりもテークオフのインパクトの厚さがある。かなり男子的なジャンプを飛ぶ」

 −次戦は蔵王

 「自分も着実に前進できていると思う。やるべきことをやっていくしかない」

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索