稀勢の里、出場4場所連続で初日黒星 行司差し違え 新小結貴景勝に2場所連続苦杯

稀勢の里、出場4場所連続で初日黒星 行司差し違え 新小結貴景勝に2場所連続苦杯

 「大相撲初場所・初日」(14日、両国国技館)

 昨年夏場所から4場所連続で皆勤がない(1場所全休、3場所途中休場)横綱稀勢の里(田子ノ浦)が新小結貴景勝(貴乃花)と対戦し、敗れた。出場した場所では4場所連続で初日黒星となった。また、貴景勝には昨年九州場所4日目でも敗れており、2場所連続の苦杯となった。

 立ち合いからやや押し込まれた稀勢の里は、左から反撃したが土俵際に落とし穴がまっていた。土俵際で貴景勝はとったりを放ち再逆転。支えを失ったように稀勢の里が崩れ落ちた。

 行司は軍配を稀勢の里に挙げたが、物言いがつき協議に入った。短い時間で協議は終わり、稀勢の里の肘が土俵につくのが早かったとして、行司軍配差し違えで貴景勝の勝利と館内に説明された。

 稀勢の里は新横綱場所の昨年春場所は初日から12連勝し2度目の優勝につなげたが、以後は出場した4場所すべて(昨年秋場所は全休)で初日黒星と苦しんでいる。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索