ロッテ中村、天敵から勝ち越し打 ソフトバンク戦今季初勝利

ロッテ中村、天敵から勝ち越し打 ソフトバンク戦今季初勝利

 「ロッテ3−2ソフトバンク」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテの連敗を3で止める白星は、今季ソフトバンク戦5試合目にしての初勝利だった。

 勝ち越し打を放ったのは中村だった。同点の五回。安打で出塁した藤岡裕を一塁に置いて、東浜の1−1からのシンカーを捉えた。打球は三塁線を突破する適時二塁打となった。

 「真っすぐを狙っていたが、少し落ちてうまく引っ掛かった」

 二回2死満塁のチャンスでは、空振りの三振に倒れた。それだけに力が入るシーンとなったが「(後ろに)つなごうと思った。どう力を入れるかではなく、どう力を抜くかだった」と振り返り、「(一塁から)藤岡裕がよく走ってくれた」とルーキーの走塁をたてた。

 東浜とはここまで10戦して1勝6敗中だった。マリン(QVC時代を含む)では6戦して5敗だった。白星がなく、本拠地ではまさに天敵だった。

 今季の東浜はこの試合まで6試合に登板して1勝3敗。井口監督は「(東浜は)調子が上がっていないが、ここで起こすわけにはいかなかった」と話した。

 今季から二塁にコンバートされ、3番を任されている中村。「(監督から)見る目がなかったと言われないように1打席、1打席しっかりとやりたい」と気持ちを引き締め直していた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索