巨人・菅野 2回を0封も秘策不発に苦笑い

巨人・菅野 2回を0封も秘策不発に苦笑い

 「マイナビオールスターゲーム・第2戦、全セ−全パ」(14日、リブワーク藤崎台球場)

 全セの先発を務めた巨人・菅野智之投手は、秘策の不発に苦笑いだ。

 初回は1番のソフトバンク・柳田とは「すごい楽しみにしていた。三振か本塁打からという勝負をしたいと思った」と直球勝負。2球目を打って二ゴロに打ち取り「独特の雰囲気の中でいい勝負ができた」と話した。

 ただ、一方で二回1死での山川の初球には「秘策がある」としていた超スローボールを披露。だが、判定はボール。「(秘策は)両方不発。スローボールとクイックだったんですけど、見せ場もなく終わった。意味なく終わって悲しいです」と苦笑いだ。

 それでも2回を投げて2四球を与えたが、無安打無失点。日本代表するエース右腕が、貫禄の投球を見せた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索