高岡商、夏甲子園で初の2勝!31年ぶり3回戦 粘る佐久長聖1点差で振り切る

高岡商、夏甲子園で初の2勝!31年ぶり3回戦 粘る佐久長聖1点差で振り切る

 「第100回全国高校野球選手権・2回戦、高岡商5−4佐久長聖」(13日、甲子園球場)

 高岡商(富山)が序盤のリードを守り切り、同校初となる夏の甲子園2勝をあげた。3回戦進出は87年大会以来、31年ぶり。

 高岡商は初回、1死二塁から中村昂央内野手が中堅方向への適時二塁打で先制すると、三回には山田と鞍田が適時二塁打を放ち、リードを広げた。四回にも中村がセーフティースクイズを成功させるなどし、5−1と先行した。

 しかし、佐久長聖(長野)も六回に無死二、三塁から斎藤が2点適時打を放ち、2点を追った九回にも高岡商のエラーの間に1得点。なおも2死一、二塁と詰め寄ったが、最後は高岡商の山田に上神が空振り三振を喫した。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索