大阪桐蔭・柿木、最速更新151キロでざわめき「気持ちいいなあと」

大阪桐蔭・柿木、最速更新151キロでざわめき「気持ちいいなあと」

 「第100回全国高校野球選手権・2回戦、大阪桐蔭10−4沖学園」(13日、甲子園球場)

 大阪桐蔭(北大阪)が中盤に沖学園(南福岡)を突き放して2年連続となる3回戦進出を決めた。九回に背番号1を背負う柿木蓮投手(3年)が登板し、自己最速で、今大会最速となる151キロを計測した。

 沖学園先頭の森島に投じた外角低めの2球目、空振りを奪うと場内で球速151キロと発表され、スタンドがどよめいた。森島には3球目を中前にはじき返されたものの、1死球をはさみ3つのアウトをすべて空振りで奪い、試合を締めくくった。

 試合後は「球場がざわめいたので気持ちいいなあと。1イニングなので、ちょっと力を入れました」と振り返った。周囲からも「いけ、いけ」と言われていたといい、「意識はしないようにはしていたけど、球速表示は見ていました」と正直に語った。ただ、「(自己)MAXが出たのはうれしいけど、ランナーを出したのは課題です」と反省も忘れなかった。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索