大阪桐蔭と序盤接戦、沖学園監督は「力の違いを見せられたけど全力出せました」

大阪桐蔭と序盤接戦、沖学園監督は「力の違いを見せられたけど全力出せました」

 「第100回全国高校野球選手権・2回戦、大阪桐蔭10−4沖学園」(13日、甲子園球場)

 初出場の沖学園(南福岡)は史上初2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)と試合中盤までは互角の戦いを演じた。六回に4点を奪われ突き放されたが、存在感を示した。

 二回、大阪桐蔭先発の根尾が2死一、三塁から暴投し先制に成功。四回に逆転されたが、五回には森島が同点弾を放った。再び1点差をつけられた直後の六回には吉村が適時打を放ち、“王者”に食らいついた。

 だが、六回裏に2死から満塁機をつくられ、2本の適時打などで4点差に。八回には阿部がソロ本塁打を放ったが、相手にも得点を重ねられた。

 鬼塚佳幸監督は「力の違いを見せられたけど、こっちも全力は出せました。こういうチームと対戦したいと思っていた」と大阪桐蔭の地力に脱帽していた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索