巨人・内海、ヤクルト戦へ意欲「しっかり立つことを忘れず」

巨人・内海、ヤクルト戦へ意欲「しっかり立つことを忘れず」

 巨人・内海哲也投手が13日、先発する14日・ヤクルト戦(神宮)に向けて、川崎市のジャイアンツ球場でキャッチボールやランニング、ブルペンでの投球練習で調整を行った。

 7月24日・ヤクルト戦(倉敷)で先発し、山田哲に2ランを浴びるなど5回を3失点で黒星を喫した。36歳のベテラン左腕は「山田君だけじゃなくて全員抑えたい。自分のピッチングをしっかりできるようにしたい」と意気込む。

 前回7日・阪神戦(東京ドーム)は五回途中を6失点で降板し敗戦投手となっており、「しっかり(投球の際に)立つことを忘れずにやっていきたい」と内海。軸足に体重をしっかりと乗せた投球ができるように修正し、14日のマウンドに上がる。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索