山根明氏の辞任は日本連盟会長と理事職 連盟が文書…会員で残るかなどは触れず

山根明氏の辞任は日本連盟会長と理事職 連盟が文書…会員で残るかなどは触れず

 日本ボクシング連盟が13日、公式ホームページに「都道府県連盟 山根明会長の辞任について」という文書を掲載。助成金の流用、不正判定疑惑や反社会的勢力との交友が問題となった山根明前会長が8日に会長職および理事職を辞任したことを改めて確認した。一方で、指摘されている山根前会長が、会員として日本連盟に残るのかどうかや関西連盟の会長を辞任するかなどについては触れていない。

 文書は森正耕太郎会長代行、吉森照夫専務理事の連名で出され、「8月8日、山根明会長が日本ボクシング連盟会長及び理事職を辞任しました」と、冒頭で2つの役職を辞任したことを明言。そして「それに伴う、ボクシング連盟に関する加熱したマスコミ報道については、ボクシング関係者の皆さんはさぞ大変不安な思いをされたことでしょう。深くお詫び致します」と一連の騒動を謝罪した。一方で、山根前会長が今後も何らかのかたちで日本連盟に残るのかどうかについては触れていない。

 山根前会長以外の理事についても「私共理事は、再興する会が指摘する事項の内、いくつかの点について、それ相応の責任があると考えますので、それぞれに応じた責任を取るべく準備中です」と辞任することを示唆した。

 8月18日にエディオンアリーナ大阪で開催される「第5回全日本UJボクシング王座決定戦」など日本連盟の事業が目前に迫っていることを記し、「私共はこれらについて、日本連盟 定款24条4項に基づき、連盟としての責務を全うする義務がありますので、新理事及び新執行部の選任及び新執行部による実働体制が整うまでの間は、責任をもってこれら行事の運営をしてまいります」と当面は現体制で運営に当たるとした。

 最後には「どうか選手及び指導者の皆さんは、動揺されることなく、日常の練習に励んでください」と選手に呼びかけた。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索