ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が14日、ZOZOマリンでの新人合同自主トレに参加。初めてキャッチボールの相手を務めた同2位・佐藤都志也捕手(21)=東洋大=に絶賛された。

 小気味いい捕球音が球場内に響いた。力を抜いて角度のある投げ方を意識したキャッチボール。佐藤は「速いけどずしりと重い。最後まで伸びて生きた球。柔らかくていいフォーム」と舌を巻いた。プロで活躍する甲斐野(ソフトバンク)、上茶谷(DeNA)と東洋大でバッテリーを組んだ男から太鼓判を押された。

 徐々に自信を深めている様子の佐々木朗。「これから状態を上げていければ」と先を見据えた。