「大相撲初場所・4日目」(15日、両国国技館)

 元関脇で東十両11枚目のベテラン、豊ノ島(36)=時津風=が天空海(立浪)に押し出されて3敗目(1勝)を喫した。狙いの左が差しかかったが、ほどかれ、突き放された。回り込んだが、最後は捕まって、土俵下にまで吹っ飛ばされた。

 「(左が)入りそうで入れなかった。向こうは警戒してるだろうから」と淡々。前日に初白星を挙げたが、乗り切れない。

 「負けて悔しい気持ちがある。若者に吹っ飛ばされて『クソー』って思う。来場所はやり返してやるという気持ちがある」と、闘志を奮い立たせた。