「大相撲初場所・4日目」(15日、両国国技館)

 横綱白鵬(宮城野)が日本相撲協会に休場を届け出た。「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織炎(ほうかしきえん)で今後2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。4日目に対戦予定だった平幕北勝富士(八角)は不戦勝で、結果的に2横綱2大関に勝利するかたちとなり4連勝となった。

 横綱鶴竜(井筒)は妙義龍(境川)に寄り切られ、金星を配給し、3敗目を喫した。相手の圧力に引いてしまい、そのまま押し出された。

 大関陣では貴景勝(千賀ノ浦)が突き落としで3連勝の遠藤(追手風)を突き落としで下した。2横綱1大関を撃破していた遠藤だが、上位陣完全撃破はかなわなかった。

 かど番の豪栄道(境川)は大栄翔(追手風)の反撃を許しながらも首投げで初白星を飾った。

 4連勝は照強、輝、正代、北勝富士の平幕4人となった。