「U−23アジア選手権・1次リーグB組、カタール1−1日本」(15日、バンコク)

 2連敗で1次リーグ敗退の決まっていたU−23日本代表は1−1でカタールと引き分け、1分け2敗の未勝利の最下位で大会を去ることになった。

 五輪前最後の公式戦で結果を残すことができなかった森保一監督は「応援してくださった方々には残念ながら勝利をお届けできなかったけども、この苦しい中、選手たちは本当に勝利をお届けしたい。最後まで粘り強く、闘い抜くところをおみせしたい、というところを表現できたと思います」と退場者を出しながら同点に終わった試合を振り返った。

 東京五輪金メダルを目指す中でアジアで1勝もできないという現実を突きつけられた。「私も含めてみんなでこの大会を反省していかないといけない。過去は変えられない。ここからチームの成長、選手が成長してくれるためにこの大会の経験を生かしたい」と話した。

 オーバーエージ枠の導入やメンバー選考などクリアしなければならない問題は山積だ。指揮官は「時間は限られてるっていうのは最初から分かってること。その都度その都度ベストを尽くして活動を続ければ、必ず最後に大きな成果につながると思ってやってきています。今回は本当に残念な結果に終わりましたけど、最後、結果を出せるようにしっかり積み上げていきたいと思います」と前を向いた。