ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=星稜=が右ひじの軽い炎症のため、16日からノースロー調整となった。

 ドラフト後に行われたメディカルチェックで、軽い右肘への炎症が見つかっていた右腕。新人合同自主トレが休日となった15日、横浜市内の病院で経過を確認するための検査を行い、その状態を小川GMが明かした。

 「炎症はよくなっているが、まだ少し残っているという状態。時期も時期だし、これからのことも考えて今日からノースローになります」

 今後については、本人の感覚とトレーナーのチェックをその都度行いながら、慎重に判断していく方針。この日は戸田で同期のルーキーたちがキャッチボールをする中、体幹などのメニューをこなした。これで春季キャンプは2軍スタートが濃厚に。球界の宝を大切に育てていく。