「卓球・全日本選手権」(16日、丸善インテックアリーナ大阪)

 ジュニア男子が行われ、「張本2世」と呼ばれる松島輝空(そら、12)=木下グループ=が、準々決勝で世界ジュニア代表の曽根翔(愛工大名電高)を3−2、準決勝で横谷晟(愛工大名電高)を3−1で下し、決勝へ進出した。決勝は同日行われる。ジュニアの史上最年少優勝は福原愛の中学1年。小学6年の時に準決勝進出だった張本智和を同学年で超えた松島には、最年少優勝の期待がかかる。

 強豪校で国際大会に出場する2選手を立て続けに破った松島は、今大会でシニアの男子シングルスにも初参戦。初戦の2回戦で大学生に勝利し、張本智和以来となる小学生でのシニア1勝を挙げていた。男子シングルスでは3回戦で敗れた。

 卓球選手だった両親の影響で2歳からラケットを持ち、昨年の全日本選手権で張本智和と並ぶジュニア男子史上最高となる小学5年で8強入り。全日本選手権世代別で小学1年から6連覇など、張本がつくった記録に並ぶ快進撃を続けている。