「プロレス・新日本」(16日、後楽園ホール)

 新日本とメキシコCMLLの合同興行が行われ、19日にCMLL世界ヘビー級王者ウルティモ・ゲレーロに挑戦する小島聡はタッグの前哨戦で敗れた。

 小島はカリスティコと組み、バルバロ・カベルナリオと組んだメキシコの大物ゲレーロを迎撃。本番を意識するかのように、チョップ合戦を繰り広げ、珍しくプランチャも放つなどゲレーロと激しくやり合ったが、最後は相棒のカリスティコが仕留められた。

 小島は敗れたものの、日本人初の同王座奪取に闘志メラメラ。「オレのプロレスを全部見せてやる。チャンピオンになって、オレはメキシコ遠征に行くだろう。そして向こうで防衛戦をやってやる。何でもいいぞ。キャリア29年目、なめんじゃねえぞ、この野郎」と鼻息荒くアピールした。