プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏が11日に虚血性心不全のため84歳で死去したことを受け、ヤクルトの高津臣吾監督、池山隆寛2軍監督が都内の野村氏の自宅に弔問に訪れた。

 2人にとって野村氏は、ヤクルト時代の“恩師”にあたる。高津監督は「(野村氏は)必ず見ていてくれると思うので、恥ずかしくない戦いをしたい。野村監督の野球を継承していきたい」と決意を新たにした。ヤクルトのユニホームを着て横たわる野村氏は「あらためて見ると、よく似合った姿だった」といい、「(結果を出してオフに)いい報告をできるようにしたい」と決意を新たにした。

 池山2軍監督は「ありがとうございました、しっかり頑張りますので上から見守ってください」と伝えたと明かした。2軍監督としてヤクルトに復帰し、シーズンを目前に控えていたが、「その姿を見せられなかったのが非常に残念だけど、しっかり頑張っていきます」。終始、涙ながらに思いを語っていた。