プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也氏が11日に虚血性心不全のため84歳で死去したことを受け、教え子の真中満氏が都内にある野村氏の自宅に弔問に訪れた。

 恩師との悲しい対面に、「顔を見られて良かった。まだ生きているみたいな表情」と神妙な面持ち。野村氏が築いたヤクルト黄金期はレギュラーとしても起用された。監督としてリーグ優勝も経験し、「感謝を伝えました。野村監督のおかげで今の僕がある」と天を見上げた。