8日に右目の眼窩底(がんかてい)骨折で手術を受けた、バドミントン男子世界王者の桃田賢斗(25)が13日午前、入院先の病院から退院したと所属のNTT東日本が発表した。しばらく治療に専念し、術後1週間ほどでジョギングなどの軽い運動から再開できる見込みという。

 桃田は1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、顔面3カ所の裂傷や全身打撲などを負った。当初は鼻骨骨折などが疑われ、帰国後も全身の精密検査を受けたが、「異常なし」と診断された。練習を再開した今月4日に「シャトルが二重に見える」などと不調を訴えたため、改めて精密検査を受けたところ眼窩底骨折が判明し、手術を受けた。

 全治までは3カ月程度と診断されており、復帰を予定していた3月の全英オープンはキャンセル。東京五輪出場権獲得は確実としているが、実戦復帰のめどは立っていない。