メジャー通算247勝の記録をもち、5月に47歳を迎えるバートロ・コローン投手が2年ぶりのメジャー復帰を目指し、メキシカンリーグのモンクローバと契約を結んだ、と14日(日本時間15日)、大リーグ公式サイトが報じた。

 ドミニカ共和国出身のコローンは97年にインディアンスでメジャーデビュー。翌年から05年まで8年連続、さらに12年から16年まで5年連続で2桁勝利をマークした。メジャー在籍21年の通算成績は565試合、247勝188敗、防御率4・12。3461回2/3を投げて2535三振を奪っている。最多勝1回、サイ・ヤング賞1回、球宴4回

 「ビッグ・セクシー」の愛称をもつ人気者が最後にメジャーで投げたのは18年9月22日のマリナーズ戦。メキシカンリーグはマイナー3Aの実力に相当すると言われており、故障なく、結果することができれば、2年ぶりのメジャー復帰が見えてくる。