「スーパーラグビー、サンウルブズ17−43チーフス」(15日、秩父宮ラグビー場)

 開幕戦で勝利を挙げた日本チームのサンウルブズは13年の優勝チームで開幕2連勝中の強豪チーフス(ニュージーランド)と対戦。開幕2連勝を逃した。

 サンウルブズは前半6分、SOガース・エイプリルのトライで先制、ゴールも決まって7−0とした。だが、チーフスは右ひざ前十字靱帯断裂によりW杯出場を逃したスター選手のFBダミアン・マッケンジーらが躍動。11、14、23、33分と4連続トライを奪いあっさり逆転した。サンウルブズは同40分にフッカーのジャバ・ブレグバゼがトライ。12−24で前半を折り返した。

 サンウルブズは後半2分にトライを奪われたが、その後は堅い守備を披露。同33分には途中出場のCTB中野将伍(早大)がスーパーラグビー初トライで一矢を報いた。終了間際に2トライを許した。