「練習試合、阪神1−7広島」(15日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 「2番・一塁」でフル出場した堂林翔太(28)が二塁打を2本放つなど3安打の固め打ちで存在感を示した。

 初回は阪神の先発・横山から三塁線を破る二塁打。四回の第3打席は投手強襲の内野安打を放った。六回に四球を選ぶと八回には左中間にライナー性の二塁打をマークして好機を演出した。

 守備でも軽快にゴロをさばき、抜ければ長打となる打球に素早く反応し、ピンチを未然に防いだ。「沖縄(キャンプの)初日からしっかりと振ることをやってきた。積極的に打つことができたし、良かったと思う」と納得の表情を浮かべた。

 昨季は故障もあり、28試合の出場にとどまった。「しっかりと相手と勝負する。その気持ちを忘れずに、あすからもやっていきたい」と背番号7。鯉のプリンスが勝負のシーズンへ向け、アピールを重ねる。