大相撲春場所(22日千秋楽、エディオンアリーナ大阪)で新大関昇進を確実にした関脇朝乃山(26)=高砂=が23日、大阪市内の宿舎で一夜明け会見を行った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で通常とは違う代表取材の形が取られた。

 「実感はない。(1日たっても)あまり(実感が)わかない。でも素直にうれしい」と、まだ夢心地。前日から祝福の連絡がやまず、「去年の5月場所で優勝した時くらい。いろんな人からお祝いメッセージをいただいた」とニッコリ。前夜は部屋の千秋楽パーティーに出席し、「応援してくださった方々1人1人にあいさつした。素晴らしい時間を過ごした」と、かみしめた。

 近大卒業後、角界入りし26歳で大関に昇進。「プロに入って大関と横綱を目指してやってきた。その一つ、目標にしていたことができた。自分らしく頑張って有言実行できた」と、胸を張った。

 史上初の無観客の場所で昇進を決めた。「一日一番、自分の相撲を取れた。当たって前に出る攻める相撲。声援がないのはさみしかったけど、その代わり、テレビの前で応援してくれる方々がおられる。その方々にしっかりと白星を届けられるようにしたかった。拍手も歓声もない。頭の中ではお客さんをイメージできた。モチベーションの維持は大変だった。一日一番取り切ることだけ考えた」と、心に応援を刻んでいた。

 御嶽海、豊山と平幕2人に負けた。「自分が弱い。(同学年ライバルの豊山には)気迫で負けた」と悔しがった。両横綱の白鵬、鶴竜には2連敗。「胸を借りるつもりでいった。集中力で負けた。(白鵬には)何も出来なかった」と振り返った。

 大関昇進への目安「三役3場所計33勝」を達成するには今場所は12勝が必要だった。14日目までに4敗を喫し、届かなくなった。「自分の中では(昇進が)無くなったと思っていた。あとは悔いのないように残りの一番思い切っていくと切り替えた。来場所につながる相撲を取るつもりだった」と最後まで気持ちは切れなかった。

 千秋楽、大関貴景勝には押し返してから圧力をかけて押し倒し。全取組終了後に昇進が決定的になったことを聞いた。「決まったんだなと思った。相撲内容が評価されたのはうれしかった」と、素直にうれしかった。

 富山では太刀山以来、111年ぶり新大関誕生。「少しは近づけた。一歩を踏み出せた」と、太刀山を追い、さらに上の番付を目指す。

 天国に旅だった富山商の浦山英樹監督、近大の伊東勝人監督と2人の師に恩返しをした。「『大関になれました』と言いたいし、『もう一つ上の番付もあるのでそこを目標にし、頑張ります』と言いたい」と誓った。