「オープン戦、JR東日本東北3−0明大」(24日、明大野球部グラウンド)

 プロ注目のJR東日本東北・鈴木聖歩(せいふ)外野手(桐蔭横浜大)が広島、DeNAの2球団のスカウトの前で2安打1打点と結果を残した。

 三回2死から中前打。九回2死二塁のチャンスでは遊撃手のグラブをはじく適時内野安打を放ち、「自分のスイングができているな」と手応えを口にした。

 打撃内容に納得がいかなかった春季キャンプ以降、軸足のタメを意識し始めると復調した。関東遠征では強豪の社会人チームや大学と数多く対決。「いいピッチャーと対戦できるのは経験にもなるし自信にもつながる」と糧にしている。

 大卒社会人2年目でドラフト解禁年を迎えた中、DeNA・欠端スカウトは「スイングが強い。振れる力はある」と評価した。注目度も増すが、左の好打者は「プロというのは小さいころからの夢。それをかなえるためにもチームが勝たないと」とキッパリ。あくまでチームの勝利を最優先に戦っていく。