新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた東京五輪(7月24日開幕予定)の延期に関し、安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が24日、電話会談を行った。官邸で同席した小池百合子都知事は終了後、都内で取材に応じ「(五輪の)中止はないということが確認された。(延期は)おおむね1年で、来年の夏までにと。(21年開催でも)名称は『2020』でいくというお話があった」などと協議内容を明かした。年内の開催はないと確認したという。

 今後は延期に伴う費用負担などの問題も予見されるが、これまで準備を重ねてきた都としては、ひとまず中止の回避を確認できたことで安堵(あんど)した様子。小池知事は「ここで中止となれば皆さんの希望を消してしまう。せっかく希望がともったのに、寂しい気持ち(になるところだった)」と前向きに受け止め、「次につながる明確な目標ができた。これからも準備を重ねていく。来年の夏までにコロナに打ち勝つという世界共通の大きな目標ができたことは今日の大きな成果」と強調した。