安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長と電話で会談し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、7月24日開幕の通常開催が不透明になっていた東京五輪について1年程度延期することで一致した。遅くとも2021年夏までに開催することで合意した。

 大会組織委員会の森喜朗会長(82)は21年の場合の開催時期について、「おおむね夏ぐらいということ。これからスケジュールを調整していくが、国際大会との調整していく中でどういう範囲か分かると思う。会場の問題もある」としつつ、「結果として暑さを避けられるならこんなにハッピーなことはない」と、7、8月以外の開催もありうるとの認識を示した。

 また、マラソンの開催場所を札幌から東京に戻すか問われ、「大きなフレームは変わらない。変えてはいけないと思います」と明言した。マラソンと競歩に関しては真夏の酷暑を懸念して昨年、東京から札幌市へ会場が変更された。

 組織委は昨年12月にマラソンコースの正式決定を発表。札幌大通り公園をスタート&フィニッシュ地点として、中島公園、豊平川、北海道大学など札幌の発展の歴史を巡り、その魅力を世界に伝えるコースとなっていた。 本来なら女子が8月8日、男子が同9日にスタートすることとなっていたマラソン競技。政府関係者も札幌での開催は動かさないと述べた。