阪神・藤川球児投手(39)が25日、甲子園での残留組練習に参加。キャッチボールなどで調整した中、新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックが延期となったことに「また来年応援します」とエールを送った。

 藤川自身は08年の北京五輪に出場し、矢野監督や侍ジャパンの稲葉監督と共に戦った経験がある。稲葉監督は2月に阪神の沖縄キャンプを視察した際、藤川のことを「(国際大会は)いろいろプレッシャーがかかる場面が多い。そういうところで自分を出せるというのはやっぱり経験だと思う。そういう面も経験しているというのは、非常に頼りになります」と評していた。

 藤川は、その2月の時に「(北京の)借りを返してください」といった話を稲葉監督にもしていた中、「また来年、がんばって応援します。はい、それぐらい。全力で応援します」と力を込めていた。