柔道・日本女子代表の増地克之監督が25日、東京五輪延期に際してのコメントを発表した。

 「新型コロナウイルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けている全ての皆様に、心よりお見舞い申し上げます」とした上で、五輪延期を受け、「選手たちは複雑な思いでいると思います」と思いやった。

 ただ、「世界中の人たちの命を守ることが最優先であり、オリンピックの延期はやむを得ないと思います」と思いをつづり、来年の開催方針となった五輪へ「さらなる成長した姿を皆様にお見せできるよう、チーム一丸となって万全の準備をして臨みたいと思います」と誓った。

 また、「世界中の人々が開催して良かったと思うような東京オリンピックになることを期待いたします」と結んでいる。