日本水泳連盟が25日夜、開催を発表していた競泳の日本選手権(2日開幕、東京アクアティクスセンター)について、一転して中止とすることを発表した。

 水連は25日に常務理事会を開き、4月2日から競泳日本選手権を行い、東京五輪代表の選考会を予定通り兼ねる旨を発表していた。しかし、その数時間後に中止が発表された。

 小池百合子東京都知事が記者会見を開き、週末の不要不急の外出を控えるように要請したこと、県外からの来場者が多くホテル宿泊時に新型コロナウイルスに感染する危険があることなどが理由とされている。

 一時は開催を発表したことを受け、元五輪選手の萩原智子氏(@swimmerhagitomo)は自身のツイッターで「正直、この決定に驚いています」と疑問視するツイートをしていた。また、2大会連続で五輪に出場している松本弥生は、ツイッター(@yayoi_matsumoto)で「この状況で本気で言っているのですか?????」と疑問を呈していた。また、中止の発表を受けて「決断していただきありがとうございました」とする投稿をしている。

 今後、いつ開催するかについては、強化担当の間で話し合うとしている。