日本オリンピック委員会(JOC)は27日、理事などによるテレビ会議を行い、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう、東京五輪の来年夏までの延期について、意見交換を行った。

 この日、プロ野球・阪神で3人の選手が陽性となり、ついに日本のアスリートにも感染者が出た。東京都が「感染爆発(オーバーシュート)の重大局面」に陥った中、今後、五輪競技のアスリートでも出てくる可能性はある。「注意しているはずのプロ野球選手でも出ている。起こりうること」と、危機感を口にした。

 海外ではすでに五輪競技の選手にも感染するケースが発生しており、ナショナルトレーニングセンターなどが閉鎖され、練習ができない状態に追い込まれている選手が続出している。