スポーツ用品大手のアシックスは26日、オンラインで会見を行い、男子バレーボール日本代表の西田有志(20)=ジェイテクト=とアドバイザリースタッフ契約を締結したことを発表した。26日には西田と同社がマンツーマンで開発してきた高機能バレーボールシューズ「METARISE」を発売。今後も西田は製品開発やPR活動を行っていく。

 18年から日本代表に選出されており、昨季は日本人初となるVリーグ得点王のタイトルを獲得。今後も活躍が期待される20歳の若武者は開発に携わったシューズについて「勢いで上に跳ぶ力をしっかりつくること」にこだわったと話す。「自分のフィーリングではすごく良い。この靴を履いてレベルが上がったとわかるようなプレーヤーになる必要がある」と新たな相棒とともにさらなる成長を図る。

 また、来夏に延期となった東京五輪に向けては「メンタリティを強くしていきたい。厳しい場面はたくさんあると思うがそこに屈しないメンタルをつけていきたい」と語った。