「宝塚記念・G1」(28日、阪神)

 大阪杯覇者のラッキーライラックは26日朝、角馬場で体を解きほぐした後、栗東CWで心地良くキャンターを消化。順調さ、馬体の張りともに際立つ。

 松永幹師は「硬さもなく、いつも通り来ています。ボリュームも出てきましたし、いくらかプラス体重で出られるでしょう。競馬に向けて問題なく来ていますから、力を出し切ってくれれば」と不安はない様子。大きな期待感とともに、再び仁川で輝きを放つ。