「女子ゴルフ・アース・モンダミンカップ・第2日」(26日、カメリアヒルズCC=パー72)

 59位から出た渋野日向子(21)=サントリー=は3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの2オーバー74をたたき、通算2オーバーで1打届かず予選落ちした。渋野と同じ1998年度生まれの黄金世代、田中瑞希(21)=フリー=が67と伸ばし通算9アンダーで単独首位。3打差2位に鈴木愛、渡辺彩香、李知姫(韓国)が並んだ。プロデビュー戦で2000年度生まれのミレニアム世代、安田祐香(19)=NEC=は通算1オーバー56位でギリギリ予選通過を果たした。

 遅れてきた黄金世代。しかしやはり、この世代は強い。この日それを証明したのは、田中だった。奪ったバーディーは7個。2位に3打差をつけ、自身初の首位に立った。

 「自分の中のはやり」というサンバイザーとお団子ヘアー、気合満点で2日目に臨むと、出だしの1番パー5、1ピンのバーディーパットをねじ込む。

 前半は3つ伸ばし、インでも2つのボギーはありながら4バーディー。この日の4つを含め、2日間計8ホールのパー5で7つのバーディーと、取るべきところでしっかり伸ばす強さを感じさせるプレーだ。

 「ティーショットがフェアウエーにいってくれたので、2打目でスプーンを使える回数が多かった」。身長151センチと小柄ながら昨年平均飛距離240ヤード超のドライバーも好スコアの助けとなった。新型コロナ感染拡大による自粛期間も、地元熊本で「朝、練習に行って夕方帰る」という練習、トレーニングの繰り返しで飛距離は10ヤード程度伸びたという。

 昨年は予選落ち20度で最高9位だったが、11月にプロテスト3度目の挑戦で合格。同じ黄金世代の勝らには2年、渋野らには1年遅れての入会となった。最終予選会(QT)で17位。来年のリランキングまでの出場資格を手にしていることもあり「楽にできている感じはあります」と、立場を確立できたことが、のびのびプレーにもつながった。

 目標は「早く1勝したいな」。この世代のやることだ。この日曜日に実現しても、おかしくない。