「DeNA−阪神」(27日、横浜スタジアム)

 阪神先発の岩貞が初回からベイ打線につかまった。マルテの犠飛、ボーアの来日初適時打で2点をもらい、マウンドへ。先頭の梶谷の平凡なセンターフライを近本が見失い、二塁打とされ、リズムを悪くした。

 続くソトには右中間への適時二塁打、4番佐野には左翼線への適時二塁打を浴びて、あっという間に同点に追いつかれてしまった。

 開幕2戦目、前回20日の巨人戦では6回3失点と粘ったが、2点のリードを許して降板。今季初先発で黒星を喫した。反省を踏まえて「前回は少し慎重になりすぎたところもあった。丁寧さと大胆さを意識して、捕手と意思を合わせて投げていきたい」とテーマを掲げてあがったマウンドだったが、立ち上がりから崩れてしまった。