「中日6−1広島」(27日、ナゴヤドーム)

 広島の床田寛樹投手が今季最短となる2回5安打3失点(自責点2)で降板した。

 初回先頭の平田に中堅への二塁打でいきなりピンチを背負うと、1死後に福田に左中間への適時二塁打を許して1失点。さらに2死三塁で5番・高橋の中前適時打で、2点目を失った。

 二回は先頭・京田の安打から追加点を与えた。佐々岡監督は交代について「内容を含め(試合前の)ブルペンから良くなく、それがモロに出た。前回と同じような繰り返し。真ん中ばかりにただ、投げているように見えた」と説明した。

 次回の先発を任せる予定で「その(先発)自覚と責任を持たないといけない。どう捉えてやるか」と奮起を促した。