「DeNA−阪神」(27日、横浜スタジアム)

 阪神の岩崎優投手(29)が痛恨の逆転適時打を浴びた。

 5−4と1点リードで迎えた六回。谷川が作った2死二塁のピンチでマウンドへ。梶谷に死球を与えると、続くソトに四球を与えて満塁とピンチを広げてしまう。打席には、好調・オースティン。その2球目、詰まりながらも左中間に打球が落ち、2点適時打となった。

 岩崎は19日の開幕戦・巨人戦(東京ドーム)でも逆転2ランを浴びた。それ以降、2試合の登板では無失点。開幕戦以来の失点はまたも逆転を許す、手痛い失点となってしまった。