「ヤクルト−巨人」(28日、神宮球場)

 巨人が二回に一挙5点を先制。前日の試合の六回、一挙7失点で逆転負けを喫したお返しとばかりに、打者一巡の猛攻で主導権を握った。

 勢いを呼び込んだのは1番に入った増田大だった。二回、2死満塁で巡ってきた第2打席。左腕の山田大に対し、フルカウントから3球連続でファウル。最後の9球目は低めの140キロ直球をしっかり見極め、先制の押し出し四球となった。

 続く2番の丸が右前へ2点適時打し、先発の山田大をKO。「久しぶりに芯に当たった感じです。バンザーイな気分ですね!」と振り返った。

 山田大から寺島に代わったが攻撃の手を緩めず、坂本も左前適時打を放ち4点目。「みんなでつないで、いい点の取り方ができましたね!」とコメント。さらに岡本が中前適時打で5点目を奪った。「ランナーを返せてよかた。いい方向に打ち返せました」と納得した。

 増田大はスタメン抜てきにチャンス到来とばかりに気合十分。試合開始前からブルペンで投球する山田大の投球練習を入念に観察してタイミングを合わせ、第1打席は右前打で出塁した。