「中日−阪神」(30日、ナゴヤドーム)

 一塁送球へ不安を抱える阪神の先発・青柳晃洋投手が、一塁へバウンドさせる送球で、弱点克服へ向けた珍しい対応策を見せた。

 三回。先頭・京田の投手正面へのゴロをさばくと、一塁へバウンドさせて送球。ここはツーバウンドとなってセーフとなった。

 しかし、1死一塁では柳のバントを処理後、再び一塁へワンバウンド送球。ここはアウトに仕留めた。

 青柳は昨季は何度も打球処理後に一塁へ悪送球してピンチを広げていた。