「アサヒビールカップ・G3」(30日、住之江)

 強豪が集結した住之江ボートの名物G3が開幕したが、初日は荒天のため、まさかの中止打ち切りになった。この日は1R前から最大風速9メートルのホーム向かい風が吹き、7Rまで安定板を着用して展示1周、本番2周で行われたが、8Rの展示後に風が強まり、発走予定時刻から32分後の19時に中止打ち切りが決まった。

 住之江ボートで中止打ち切りとなるのは、記録が残る04年以降では初めて。日程に変更はなく、7月1日に予選2日目が行われ、最終日は7月5日に実施される。

 選手代表を務める丸岡正典(大阪)は「住之江で途中(8R)でやめるのは初めて。こんな水面になるのは見たことはない。1Rから危ないと思っていた」と中止打ち切りに残念そうな表情を浮かべていた。