新型コロナウイルスの影響で中断していたJ1は7月4日に再開する。神戸のFWドウグラス(32)が1日、神戸市内で行われた非公開練習後にオンラインでの取材に応じ、再開初戦の広島戦(4日、ノエビアスタジアム神戸)でのゴールに意欲を示した。

 神戸は中断明けにJクラブ(相手非公表)と2度の練習試合を実施。ドウグラスは自身も得点したことを明かしたが「練習試合なのでそこまで重要ではない」と淡々と振り返った。重視するのはチームとしての結果。「いい試合をして、4日の土曜日には自分も得点を決めたい」とチームを勝利に導くゴールを誓った。

 相手の広島には15年に所属し、21得点を挙げてJ1優勝に貢献した。清水に在籍していた昨季は広島戦で得点も決めている。今季清水から加入し、移籍初戦となった2月の富士ゼロックス・スーパー杯で先制点を決めるなど決定力は折り紙付き。「やっとピッチに戻ってサッカーができるうれしさと同時に、サポーターの皆さんがいない中でのプレーになるので寂しくて複雑な思いがある。勝って(サポーターに)喜んでもらえるような試合をしたい」。古巣のゴールをこじ開け、勝ち点3をもたらす。