「中日−阪神」(1日、ナゴヤドーム)

 阪神の先発・秋山が五回途中6失点でKOされた。

 三回まで1安打無失点に抑えていたが、1点リードの四回に暗転。高橋の適時打とマルテの失策で逆転を許すと、五回には集中打を浴びた。平田の適時打で追加点を与え、なお1死満塁から4番ビシエドに2点タイムリーを浴びた。

 ここで矢野監督はベンチを出て、2番手・馬場をコールした。

 キャンプから無失点投球を続けていた“虎のミスターゼロ”がまさかのKOとなった。