「中日−阪神」(1日、ナゴヤドーム)

 阪神のジェリー・サンズ外野手が5点差で迎えた六回、反撃となる左前適時打を放った。来日2安打目は来日初のタイムリーヒットだ。

 この回、先頭の糸井が三塁内野安打で出塁。マルテも中前打で続き、無死一、二塁を作った。だが、続くボーアが遊撃の正面を併殺打。2死三塁と流れを失ったところで、サンズがしぶとく三遊間を破った。

 阪神は三回、梅野のソロ本塁打で先制したが、直後の四回にマルテの失策も絡んで2失点。さらに五回には、先発の秋山が四球を挟んで4連打を浴びると、糸原の失策も含めて4点を失った。

 投打ともに歯車がかみ合わず、加えてミスが絡むなど、苦しい戦いが続いている。