夢みるアドレセンス 黒スーツでメンバーの活動自粛を謝罪 皆さんをガッカリさせた

夢みるアドレセンス 黒スーツでメンバーの活動自粛を謝罪 皆さんをガッカリさせた

 アイドルグループ・夢みるアドレセンスが14日、大阪・なんばHachで東名阪ツアーの初日となる大阪公演を開催。リーダーの荻野可鈴(21)らメンバー3人は、山田朱莉(20)が「重大な規約違反」で7日から活動を自粛し、ツアーを欠席したことを謝罪した。

 オープニングで3人は、緞帳(どんちょう)をバックに、異例の黒いスーツ姿で登場。荻野は「本来なら、病気療養中の小林れいを除いた4人で今回のツアーを行うはずでした。しかし、ご覧のように、山田朱莉の姿はありません」と、山田の不在を説明。「いつも応援してくれているファンの皆さんをガッカリさせ、悲しませてしまったこと、心よりおわびします」と謝罪し、「今の私たちの思いや決意を全力でやらせていただきますので、見届けてください!」と呼びかけた。

 その後、ライブ本編がスタート。活動休止中のロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)が作詞作曲した「大人やらせてよ」など14曲を熱唱した。この日は途中でトークを挟まず、ノンストップで続けざまにパフォーマンスを展開。笑顔で歌い踊る中、途中で感極まって涙を流すメンバーもいた。

 アンコールでは、再び3人が「とにかく今は、私たちが出来る事を必死にやっていきます。また皆さんが笑顔になって下さるように、ガムシャラに走り続けます。そして、れいが戻ってくる場所を、私たちが全力で守ります!」と、涙ながらに決意表明。最後は荻野が「夢みるアドレセンスは永久に不滅です!!絶対に終わらせないから!」と号泣しながら絶叫した。

 山田は今月7日に、当面の活動自粛を発表。自粛理由については「一部SNSでお騒がせしている当該アカウントの内容に関して、グループの活動における重大な規約違反が認められたため」とされている。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

14時31分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索