明石家さんま、自身役の俳優は「イケメンじゃないと許さない」…中尾明慶が暴露

明石家さんま、自身役の俳優は「イケメンじゃないと許さない」…中尾明慶が暴露

 吉本興業主催の映画祭「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の発表会見が21日、都内の同社東京本社で行われた。同映画祭で先行上映される、明石家さんま(61)が企画、プロデュースした、ジミー大西(53)の半生を描くドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」に出演する俳優の中尾明慶(28)と小出恵介(33)が出席した。

 さんま役を演じた小出は「さんまさんがプロデュースされるということは、今後もうないだろうと思って」と出演を引き受けた理由を説明。ジミー役の中尾はさんまが「自分の役は、ものすごいイケメンじゃないと許さないと言っていました」と、小出の起用理由を“暴露”した。

 会見にはジミーもゲストとして登場。小出のさんま役についても「僕はさんまさんを『若』と呼んでるんですが、たまに『若!』と呼んでしまいそうなぐらいでした」と、独特の言い回しで絶賛した。

 また、作品の見どころを問われたジミーは「さんまさんに台本も見るな、DVDも見るな、何もかも見るなと言われているので、見どころがわからないんです」と珍回答。司会のガレッジセール・ゴリ(44)に「よく舞台に上がってきましたね」と呆れ気味に突っ込まれていた。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる

エンタメの主要なニュース

エンタメのニュース一覧へ

21時23分更新

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索