覚せい剤取締法違反などの疑いで13日に警視庁に逮捕された歌手の槇原敬之容疑者(50)が14日午前0時過ぎ、警視庁四谷署から留置施設のある東京湾岸署に身柄を移された。

 槇原容疑者は取り調べを受けていたとみられる四谷署から、14日午前0時24分、ワゴン車で移送された。槇原容疑者が乗ったシルバーのワゴン車の後部座席にはカーテンが閉められ、車内の様子をうかがい知ることはできなかった。湾岸署には同0時48分に到着。約80人の報道陣が詰めかけ、一斉にカメラのフラッシュがたかれた。

 四谷署前には14日午前0時時点で40人ほどの報道陣が詰めかけていた。