阪神・福留が通算250号が決勝弾「数字はピンとこない」八回には同点打

阪神・福留が通算250号が決勝弾「数字はピンとこない」八回には同点打

 「DeNA1−2阪神」(12日、横浜スタジアム)

 阪神がベテラン福留のバットでDeNAを振り切り、2連勝とした。

 1−1で迎えた延長十回1死。福留は左翼ポール際、スタンド最前列に運ぶ、技ありの12号ソロ。福留にとっては史上61人目のNPB通算250本塁打となる節目の一発が、決勝点となった。

 福留は0−1の八回には貴重な同点打。無死2塁から投手を強襲する適時打を放ち、終盤に追いついた。

 DeNAは、四回に筒香が中堅左への17号ソロを放って先制したが、13安打を放ちながら12残塁と拙攻続きだった。守っては八回に登板したパットンがリードを守れなかった。

 福留はヒーローインタビューで「芯に当たったので、よかったです。何とか届いてくれと思いましたけど、よく伸びてくれました」と決勝弾を振り返った。

 節目の250号については「あまりピンと来ません。何本打ったか、数えてないので」と淡々としていたが、今季本塁打を放った試合は負けなしと聞かされると、「いいことです」と笑顔を見せていた。

 ベテランの能見が好投しながら、援護できなかったことについては、「本当は勝ちを付けてあげたかったんですが、最低でも能見の負けは消してやりたいと思ってました」と気遣っていた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索