阪神 長坂は現状維持の720万円で更改「何もうまくいかなかった」

阪神 長坂は現状維持の720万円で更改「何もうまくいかなかった」

 阪神の長坂拳弥捕手が15日、高知県芸西村のチーム宿舎で契約更改を行い、現状維持の720万円でサインをした(金額は推定)。

 「何もうまくいかなかった。何もできなかった」と振り返った1年目シーズン。9月20日に1軍昇格したが、出場は1試合に終わった。10月5日の中日戦で八回から守備に就き、「最後の最後で1軍を経験できたのはよかった」と収穫を口に。

 梅野、坂本ら捕手はライバルが多く、2年目の来季に向けて「他の捕手とは違った色を出して、争いに勝てるようにしたい」と定位置獲りを誓った。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索