阪神・島本は150万減の950万円で更改 今季は1軍登板なし「悔しい」

阪神・島本は150万減の950万円で更改 今季は1軍登板なし「悔しい」

 阪神の島本浩也投手が15日、高知県芸西村のチーム宿舎で契約更改を行い、150万減の950万円でサインした(金額は推定)。

 7年目の今季は、3年ぶりに1軍出場なし。昇格候補に挙がったシーズン終盤には、故障も重なって見送られていた。「ファームではいい成績を残せたんですが、最後にケガでチャンスを逃したので。悔しいシーズンでした」。今季、2軍では中継ぎスタートから、中盤は先発ローテで回った。

 来季に向けて「ずっと1軍で投げられるように。中継ぎ、先発両方で。投げろと言われたところで投げたい。まずは1軍にずっといられるように」と前を向いた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索