阪神、代打攻勢で反撃 原口の適時打などで2点を返す

阪神、代打攻勢で反撃 原口の適時打などで2点を返す

 「阪神−DeNA」(17日、甲子園球場)

 阪神が代打攻勢で2点を返した。

 4点ビハインドで迎えた七回。DeNAの3番手の井納に対して、この回先頭のロサリオが遊撃失策で出塁するなどして1死満塁の好機に。ここで代打・原口が中前適時打を放ち、1点。続く代打で登場した俊介が4番手の砂田から押し出しとなる四球を選んで3点目を奪い2点差に詰め寄った。

 四回には福留が一時同点となるソロ本塁打。DeNA先発・平良が1ストライクから中堅バックスクリーン左への今季3号を放っていた。福留にとって、4月13日のヤクルト戦以来となる一発だった。

 一方、先発・秋山は5回8安打4失点で降板。四回1死から宮崎に左翼への先制ソロを被弾。味方打線が同点に追い着いてくれた直後の五回1死二塁からソトに左翼への勝ち越しタイムリーを許すと、続くロペスに左翼席への2ランを浴びた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西スポーツ/芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索